雄琴ソープの女の子を徹底的に調べ隊~ミッション「失敗のない女の子選び」編~

雄琴ソープは意外と閉店がない

雄琴ソープのように、多くの店を持っているところと言えば、他の競合店に負けてしまい、どんどん店が閉店するような状態が生まれるように思います。しかしそのようなことは無く、閉店が少ないことも雄琴ソープのメリットとなっています。

同じ店が長い間営業していることが多く、そのまま続けてサービスを展開してくれることも大きなことです。一部店舗の名前が変わっていることもありますが、大体場所は変わらないので、サービスについてもそこまで気になることはありません。

こうしたサービスの変更こそあるものの、同じ店が延々と続けられる要因として、競合する相手をある程度分けて、ジャンルごとに考えられるようなお店にしているからです。色々なことを考えていくと、やはり相手の店も気になってしまいますが、競合するだろうと思えるお店を幾つかに絞っておくことによって、問題を解消することが出来ているのです。そのため店舗自体は閉店することもありませんが、あまり新規の店舗が作られることもありません。

結構利用しやすい店舗もありますので、雄琴ソープは利用しやすいソープランドというイメージが非常に強くなっています。しかも、長い間利用できることが大きな良さとなっています。

男なら一度は寄ってみたい滋賀の雄琴ソープ街

日本各所にはご当地風俗が存在しており、琵琶湖の美しい滋賀県大津市に存在するのが雄琴ソープです。観光旅行に訪れた男性にとって、お楽しみナイトスポットである事は言うまでもありません。

雄琴ソープの歴史は意外と浅く、そういった状況からも他県の有名ソープ街とは違った独自の趣を醸し出しているのです。ソープを始めとするナイトレジャー業界としてはかなり珍しいのが、雄琴ソープを管理運営する協同組合の存在です。 滋賀県特殊浴場協会と呼ばれるこの組合は、ソープ利用者も働き手も快適に雄琴ソープに関われるよう、業界のあらゆる環境整備に尽力している組織なのです。一般的にソープを始めとする特殊なサービス業というのはどうしてもアングラ感というのが拭えませんが、お店への衛生指導や利用者トラブルへの対応など、滋賀県特殊浴場協会の存在は、雄琴ソープの安心イメージに一役買っていると言えるでしょう。 過激なサービスや女性の若さルックスなどをセールスポイントにしている大都会のソープ街も良いのですが、公然と組織的に運営管理を行っている雄琴ソープは遊びやすさ、安全性、に特化したソープ街として定評があります。

では実際に雄琴ソープ街へ遊びにいくわけですが、今まで他県のソープ街しか知らない男性にとって、独特の街風情を有している雄琴ソープ街というのはかなりインパクトを感じるのではないでしょうか。 雄琴ソープにはシルクロードとゴールデンゲートという二つの入り口が存在しています。どちらの入り口も、いかにも色街!といった派手な作りで、そこをくぐると更に派手なネオン街を目の当たりにする事となるでしょう。関西の有名赤線地域と同じように、雄琴ソープ街というのは同業種のみが狭い範囲に密集しているのです。 しかも入り口から街を通り抜ける事はできないので、雄琴ソープ街に入る=ソープ目的、という形になってしまうのです。ソープに慣れていない男性には少しハードルが高いかもしれませんが、こういった業界に興味のある方なら面白い街だと言えるでしょう。

雄琴ソープ街では利用客とお店側の暗黙の合図なども存在しているので、これから初めて遊ぶのであれば雄琴ソープの常識についてインターネットや書籍などでチェックしておくのが安全です。日本有数の安全なソープ街、雄琴ソープを旅行の際に楽しんでみて下さい。素晴らしいサービス内容だけでなく、文化的な側面からも好奇心をそそる街なのです。