雄琴ソープの女の子を徹底的に調べ隊~ミッション「失敗のない女の子選び」編~

ソープ遊びは浮気ではありません

奥さんや恋人がいる男性がソープランドやその他の風俗に行くことは浮気したという事になるようです。女性の皆さんには理解できないようですが、ソープランドに通うということは浮気という感覚ではなく自分への自己投資という感覚なのです。

ソープランドに行くと普段のセックスでは味わえないような快楽を味わうことができるので、肉体的にも精神的にもリフレッシュできるので翌日の仕事にも良い効果をもたらしてくれるのです。当然奥さんや恋人との関係にも好影響を及ぼすことは間違いないのです。

女性は風俗に行く男性に「私が風俗でしてもらってるプレイをしてあげる」と言いますが、そんな簡単にできるものではないのです。特にソープランドでのプレイ内容は相当なスペースがないと楽しめるはずがないのです。

仮に自宅のお風呂でソープのプレイをしてくれたとします。マットも無い中固いタイルに私が横になっても上下とも窮屈な上に背中も痛そうだし快楽どころではないのは間違いないのです。ソープランドを楽しむならばやはりプロの女性の手解きとそれ相当の個室というものが必要になってくるのです。世の女性陣にお願いしたいのはソープランドという遊びを浮気というジャンルに入れないでほしいということです。

冬場はソープが恋しくなる

夏より冬は風俗にかけるお金が増える傾向が私にはあります。というのも冬場の風俗はいつも予算オーバー気味のソープに行ってしまうことが多く、出費がかさむのです。外歩いていて寒いところから暖かく温められた適温のローションでマッサージしてもらったり、はたまたお風呂で潜望鏡してもらいながら体を温めるなど楽しいことを思い出すだけで足が向いてしまうのです。

私の馴染みのソープ嬢はそうした客の好みをしっかり把握しているだけでなくその日の気温をチェックして適切なローション温度管理をしてくれています。たかがローション、すぐに冷めたりして意味がないだろうと思われますが、やはり体に接した瞬間にどう感じるかはその日のプレイ内容への満足度にも影響するものだと思います。

適温に温められたローションを用いて、肉厚の体でマッサージされると、心底ソープを利用してよかったなと思わされます。たとえ値段が高くても、寒い季節はソープに行ってしまうのはこうしたソープ嬢の丁寧な対応があるからこそかもしれません。プレイの気持ちよさや顔なども大事でしょうがそういう気遣いのできるソープ嬢を見抜いて、自分のお気に入りと出来ていると風俗への満足度は変わってくるでしょうね。